加藤歯科医院

診療予約は 0568-84-2333 へ メール相談はこちら

ファイバーコア

コアとは

むし歯になった部分を取り除き、歯の根の治療を行った場合は、
被せものを支える台としてコア(土台)を作ります。

どうしても目に見える歯冠部分の治療にばかり目が行きがちですが
治療が長持ちするかなど、治療後のお口全体の健康維持からは、
この見えない土台の治療が重要なポイントになります。

コアには、「ファイバーコア」・金属コア」の2種類あります。


代表的な土台(コア)の種類

  1. ファイバーコア(樹脂製の土台)
    これまで土台(コア)の素材は金属でしたが、
    近年は、しなりのあるグラスファイバーで強化した
    樹脂素材である、ファイバーコアが登場しました。
    グラスファイバーは、その弾力性が象牙質に近く、
    歯にかかる負担を大幅に軽くすることができます
    金属の土台(コア)が抱えていた問題を大きく解決し、
    治療後歯の維持に良い結果を出しています。


  2. 金属コア(金属の土台)
    これまで土台に使われてきた金属は、
    硬さや色などが歯の性質と掛け離れていました。
    そのため、残した歯が折れたり割れたり、
    歯肉が変化したりなどの問題が起きました。
    保険が適応されるものは、金銀パラジウム合金(銀色)です。
    また、保険適応外では、金合金(金色)があります。

ファイバーコア
(樹脂性の土台)

金属コア
(金属の土台)


「ファイバーコア ポスト システム」の特徴

  • 歯に似たしなやかさ
    従来の金属コアは硬いため、歯根が折れて抜歯になることがありました。
    しかし、ファイバーコアは適度なしなやかさがあり、さらに、
    最新の接着システムと組み合わせることにより歯根と一体化させ、
    衝撃を吸収することで歯根を壊しにくい、歯に優しい治療法です。 
  • 美しく自然な仕上がり
    歯は光を透過しますが、金属製のコアは全く光を透過しません。
    しかし、ファイバーコアポストで作られたコアは光の透過も歯に近く、
    とても自然です。そのため、オールセラミックでの治療に最適で、
    歯ぐきの黒ずみも起こりにくくなります。 
  • 金属を使わない
    ファイバーコアは金属ではないため、金属イオンの溶出による腐食
    金属アレルギーの心配もありません
    歯ぐきにも体にも安全で優しい治療法です。

金属の土台(コア)

ファイバーの土台(コア)


コアの治療費について

コアの治療費につきましては、以下のリンクからご覧いただけます。

>治療費についてはこちら

診療予約は 0568-84-2333 へ メール相談はこちら